多機能を凌駕した高品位チャートがプラチナチャートだ!

近頃FX業界でGMOクリック証券が急速に利用者を増やしています。その主要因は、口座開設の簡単さ、スプレッドの低さ、そして「プラチナチャート」の利便性にあると言われています。
プラチナチャートは、GMOクリック証券の口座を持っているトレーダーなら無料で利用できるFX取引用のソフトです。高品位なデザイン性と高機能を兼ね備えたテクニカル分析用のチャートツールであり、FX取引を始めて日が浅い初心者からプロの投資家にいたるまで、多くのトレーダーに愛用されています。
>> GMOクリック証券の詳細ページ・口座開設へ

大きく分けると、プラチナチャートは五つの魅力で構成されています。
一つ目は、テクニカル指標の豊富さです。
移動平均線(SMA)、指数平滑移動平均線(EMA)、RSI、MACD、平均足、一目均衡表、ボリンジャーバンド、ポイント&フィギュアなど、全部で38種類のテクニカル指標が搭載されています。一般的なものから玄人向けのものまで、あらゆる指標を使用できるので、多彩な取引スタイルに対応できます。

二つ目は、描画オブジェクトの豊富さです。
トレンドライン、サークル、トライアングル、五角形チャート(ペンタゴンチャート)、ギャンライン、エリプスなど、全部で25種類の描画オブジェクトが搭載されています。テクニカル分析に必要なものはすべて揃っていると言っても過言ではなく、多角的な相場分析に役立ちます。

三つ目は、チャートウィンドウの分割表示が可能である点です。
最大で画面を16分割することができ、同一通貨ペア、異なる通過ペアでも同時分析が可能です。ウィンドウ画面分割機能に対応していない取引ツールが多い中、プラチナチャートはこの欠点に対処した数少ないソフトと言えます。

四つ目は、ニュース確認機能が搭載されている点です。
相場の動きとチャートが連動するシステムが特長なんです。プラチナチャートのチャートはニュース配信と連動しており、チャート上のフラグをクリックすると、その時刻に発生した経済ニュースを一目で確認できます。世界経済と為替相場の相関性を学習するうえで非常に参考になります。

五つ目は、比較チャート機能です。
為替の全通貨ペア、日経平均、TOPIX、NYダウ、WTI原油、ロンドン金、日本国債(2年、5年、10年)、米国債(2年、5年、10年)の値動きを1枚のチャートで同時に比較しながら相場を分析できます。これらの相関関係を全体的に観測することで、より高度なFX取引スキルを身につけることができます。
このように、プラチナチャートはトレーダーのあらゆる要望に応えた理想的なツールです。

操作性もとても軽快であり、自分のFX取引スタイルを確立するうえで大いに役立つことでしょう。

ページ上部に戻る